カワイキャッツワーオショー  (宇宙編)

夏ですけど、どうですか

告知三題

その1
宮崎吐夢さんとの店じまいシリーズ第3弾「何度も店じまい」始まってます。
http://misejimai.net
よろしくどうぞ。

その2
8月に、唐沢俊一先生の初の小説本が出るんですが、私はそれに絵で参加しております。わりと力作。がんばって描きました。
結構、凝った造りになってるはずなので、でた暁には、是非手に取ってご覧頂きたいと思います。といいつつ、まだ入稿作業中。ほんとは7月中に出るはずだったので、それがらみのイベントが、先行してしまいました。7/26 オールナイトの映画祭です。
新東宝のグロ映画とかやるので、お好きな方いたら、いらしてください。
以下詳細。解説文は唐沢さんが書いてます。

※※※※※※※※※※※※※※※
唐沢俊一 初ホラー小説「血で描く」刊行記念 
第6回奇想天外シネマテーク 怪談映画特集

厳選された奇想天外な映画をオールナイトで上映  今回は、奇妙な怪談映画特集!

トークショー 出演:唐沢俊一、中野貴雄(映画監督)、河井克夫(漫画家)
22:30〜

上映作品

「憲兵とバラバラ死美人」(1957/国際放映/16mm)
監督:並木鏡太郎 出演:中山昭二、天知茂
23:25〜

 新東宝のお家芸になる憲兵怪談シリーズの記念すべき第一作。原作の『のたうつ憲兵』はなんと元・憲兵が書いたノンフィクション! 
仙台が舞台という、変わったミステリーだが、後に新東宝怪談のエースとなる天知茂がまだ初々しい。
あ、そうそう、トークのときに教えますが、映画の中に一つ、トンデモないセリフが。

「生首情痴事件」(1967/大蔵映画)
監督:小川欽也 出演:鶴岡八郎、火鳥こづえ
0:50〜

 今もなお現役でピンク映画を撮り続けている小川欽也監督(他に、テレビ『魔神バンダー』などあり)の代表作。こういう作品の大半は見て失笑が漏れて怖くないものだが、これはマジに怖い。ピンク映画にホラーを加えた作品数あれど、その最高傑作だろう。ちなみに、監督が後年撮ったホラー(?)『悩殺占い・巨乳摩擦』には私も出演してる。

「悪魔が呼んでいる」(1970/東宝)
監督:山本迪夫 出演:酒井和歌子、新克利
2:15〜

 日本のテレンス・フィッシャー山本廸夫作品で唯一、吸血鬼が出てこない映画。そのため地味な扱いを受けていて、『血を吸う』シリーズが全作DVD化されているのに、これだけはいままで一切ソフト化されていない。しかし、酒井和歌子が全出演作中最も可愛い作品であり、西沢利明、大滝秀治、北林谷栄といった名優たちの、今からは考えられない怪演が楽しめるサスペンスである。特にラストの北林谷栄のセリフは衝撃的!

「散歩する霊柩車」(1964/東映)
監督:佐藤肇 出演:西村晃、春川ますみ
3:40〜5:10

 東宝に山本廸夫あれば東映には佐藤肇あり。日本SF映画史上に残る怪作・『吸血鬼ゴケミドロ』を撮った佐藤肇の、これは日本には珍しいブラック・ユーモア映画の傑作。死んだ女房の死体を霊柩車に乗せて、女房の浮気相手先を回る男・西村晃。やっぱりこの人はこういう役が似合いだなあ。どうして水戸黄門になっちゃったの?

場所/新文芸坐 池袋駅東口徒歩3分
豊島区東池袋1-43-5マルハン池袋ビル3F
電話/03(3971)9422
日時/2008年7月26日(土)
    午後10時30分開始
料金/前売2300円 整理番号付き 
劇場窓口&チケットぴあ(Pコード:597-069)にて販売。
    当日2500円
http://www.shin-bungeiza.com/

※※※
その3
あと、実は古い友人のヴィンセントさんとかと単発でFMラジオ番組やることになり、
http://vinvin.way-nifty.com/blog/
それがらみで8月3日にもイベントに出ます。お台場カルチャーカルチャー。
詳細は追って。
[PR]
by kawaika | 2008-07-20 04:13
<< 夏の終わりに ワールドワイド >>



河井克夫の日記など
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
河井克夫:
漫画家です。
いろいろがんばっていきますので、よろしくお願いします。

http://www.myspace.
com/kawaikatsuo
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧